営農型太陽光(ソーラーシェアリング)

営農型太陽光発電は、国の固定買い取り制度を利用して電力を販売することが特徴です。この制度では、発電した電力を1kWhあたり10円(2023年現在)の価格で20年間買い取ってもらえます。これにより、安定した収入を確保することができます。

太陽光発電による収益は、低圧施設(50kwh施設)で年間約110万円程度です。この収益は、初期投資額が約1100万円程度であれば表面利回りが約10%となります。初期投資額に対して政府に約束された20年間で約2倍の収益を上げることができ、投資効果が高いことがわかります。

いまウクライナ戦争などの影響により、エネルギー価格が高騰しており、それが電気料金値上げにつながっています。また全世界的にSDGs(持続可能な開発目標)の観点からクリーンな再生可能エネルギーは、企業なども利用促進を求められており、企業との直接取引であれば、1kWhあたり14円程度で取引されており、国の制度よりも高く販売されている状況もあります。

また、固定買い取り制度が終了した後も、市場価格での販売を前提とすると、1kWhあたりの価格は10円程度とみなされています。したがって、約100万円の収益を毎年継続的に確保することができます。

現在、この制度を利用できるのは、太陽光発電施設の下で、営農を行う農業者を前提としていますので、まさに農業者限定の「里山年金」といえでうです。ただし、栽培する作物に関しては、農業委員会などより、太陽光発電下での営農に適しているかのチェックが入るため、専門の技術者からのアドバイスが必要となります。

営農型太陽光発電は、50代から定年までの8~10年程度の期間を融資支払いに充てることで、定年後から収益の受け取りを開始することが可能です。その結果、定年以降も年間約100万円程度の収益を確保することができ、寿命までの間安定した収入を得ることができます。(30年程度でリプレイスという太陽光パネル、パワコンなどを入れ替えることが望ましい)

具体的な進め方としては、まず設置したい農地が太陽光発電の適地であるかどうかを調べ、日当たりや電線の有無などを検討します。また近くの農地に日陰などで迷惑をかけないかなども考慮します。農地の面積は、栽培する作物によって間隔が異なりますので、一概にいえませんが、1000㎡(約1反)以上が必要です。この後、農業委員会との協議などが必要なってきますが、実績のある電力工事会社からいくつかの見積りをとり、アドバイスを受けながら進めていくことになるでしょう。営農型太陽光(ソーラーシェアリング)

営農型太陽光発電は、国の固定買い取り制度を利用して電力を販売することが特徴です。この制度では、発電した電力を1kWhあたり10円(2023年現在)の価格で20年間買い取ってもらえます。これにより、安定した収入を確保することができます。

太陽光発電による収益は、低圧施設(50kwh施設)で年間約110万円程度です。この収益は、初期投資額が約1100万円程度であれば表面利回りが約10%となります。初期投資額に対して政府に約束された20年間で約2倍の収益を上げることができ、投資効果が高いことがわかります。

いまウクライナ戦争などの影響により、エネルギー価格が高騰しており、それが電気料金値上げにつながっています。また全世界的にSDGs(持続可能な開発目標)の観点からクリーンな再生可能エネルギーは、企業なども利用促進を求められており、企業との直接取引であれば、1kWhあたり14円程度で取引されており、国の制度よりも高く販売されている状況もあります。

また、固定買い取り制度が終了した後も、市場価格での販売を前提とすると、1kWhあたりの価格は10円程度とみなされています。したがって、約100万円の収益を毎年継続的に確保することができます。

現在、この制度を利用できるのは、太陽光発電施設の下で、営農を行う農業者を前提としていますので、まさに農業者限定の「里山年金」といえでうです。ただし、栽培する作物に関しては、農業委員会などより、太陽光発電下での営農に適しているかのチェックが入るため、専門の技術者からのアドバイスが必要となります。

営農型太陽光発電は、50代から定年までの8~10年程度の期間を融資支払いに充てることで、定年後から収益の受け取りを開始することが可能です。その結果、定年以降も年間約100万円程度の収益を確保することができ、寿命までの間安定した収入を得ることができます。(30年程度でリプレイスという太陽光パネル、パワコンなどを入れ替えることが望ましい)

具体的な進め方としては、まず設置したい農地が太陽光発電の適地であるかどうかを調べ、日当たりや電線の有無などを検討します。また近くの農地に日陰などで迷惑をかけないかなども考慮します。農地の面積は、栽培する作物によって間隔が異なりますので、一概にいえませんが、1000㎡(約1反)以上が必要です。この後、農業委員会との協議などが必要なってきますが、実績のある電力工事会社からいくつかの見積りをとり、アドバイスを受けながら進めていくことになるでしょう。

 ポイント 

✨🌞現在、固定買い取り制度による産業用太陽光施設の設置は、営農型太陽光に限定をされています。🌱そのため、原則、農業者しかできないようになっています。👩‍🌾👨‍🌾また農業系で、不労所得を作るのは、この方法が唯一だと思います💰✨