サラリーマンの農地購入を解説

農地購入の目的は何か?

サラリーマンが農地購入を考える際に、その農地を取得後、どのように扱うかということにより、要件がいろいろと変わります。大きくは、農地を購入後、農地のまま利用したいのか?もしくは農地転用を行い、別用途として利用したいのかということです。目的がこのどちらかによって、取得の方法が変わるということとなります。

農地として利用する場合

農地を取得後、農地のまま利用する場合には、農地法第3条に基づいて、農地所在地農業委員会の許可を得るという方法が一般的ですが、この場合には、営農日数要件、技術要件、適正利用要件、通作距離などが求められ、通常サラリーマンの場合にはなかなか厳しいという現実があります。特に距離がかなり離れた場所に住んでいるような場合には、より厳しく要件が求められ、安いから買ってみようかというくらいでは取得は不可能だといえます。山を買うということが流行っているのは、山林は農業委員会の許可なく取得できるということが大きな理由です。

農地は買うより借りた方がよい?

また農地の場合利用する際には、できれば買うより借りた方がいいということもあります。仮に農業委員会の許可を得て、農地を買った場合でも、年間耕作していく中で様々な問題が起こります。水であったり、隣地との関係性などです。そのため、まず当初は賃貸で契約し、安心できるまで数年程度利用した後に購入した方がよいでしょう。一般的に農地の賃貸料に関しては、該当行政機関が平均的料金を公開していますので、それを参考にするとよいと思います。

農地転用をして別用途で利用する

この場合においては、その農地自体が転用できる要件が揃っていれば、農業委員会に申請を出し、許可されれば購入は可能です。煩雑な手続きがありますので、一般的には行政書士などに代行を頼むことでスムーズに手続きができるでしょう。転用後の利用方法としては、宅地、駐車場、太陽光発電施設、資材置場、店舗などがあげられます。基本的に無目的に転用することはできませんので、ご注意ください。また全ての農地が転用できる訳ではありませんので、可能かどうかを農業委員会に確認する必要があります。

サラリーマンでどうすれば農地取得できるのか?

一般的なサラリーマンがどうすれば、農地取得の許可を得られるのかという問題に踏み込みますと、まったく未経験の状態であれば、農業委員会の許可を得ることは難しいということがいえます。農地自体は、高齢化により余っているので、取得させればいいではないかという考えもわかりますが、農地は基本的に農地として守られるべきという原則があります。そのため、無秩序な農地取得は、どうしてハードルが高いということとなるのです。それでもサラリーマンのまま農地取得をしたいという方は、ぜひ当校にご相談ください。現在、60名以上のサラリーマンを農業者にしてきた実績があります。

新着
新規就農は、なぜ地獄絵図となってしまうのか?
よく読まれている記事
農家になるには?メリット、農地取得、副業、兼業農家も解説
新着
時間ない、機械ない、金ない、兼業農家は、独自の戦い方を考えよう!