サブスクリプションというマーケティング

サブスクリプションモデルとは

農産物販売におけるサブスクリプションモデルの導入は、販売者にとって多くのメリットをもたらします。まず、定期的な収入の確保が挙げられます。消費者が毎月一定額を支払い続けることで、販売者は安定した収入を見込むことができ、計画的な生産や経営が可能になります。特に、米や野菜などの日常的に必要な農産物を扱う場合、消費者のニーズに直接応えることができるため、顧客満足度の向上にもつながります。

また、中間マージンの削減は重要なポイントです。直接消費者に販売することで、中間業者を介さないため、より高い利益を得ることができます。このモデルはアメリカのCSA(Community Supported Agriculture)と類似しており、消費者は生産者を直接支援する形で食材を受け取ることができます。宅配サービスの利用は、高齢化やマンションの高層化が進む社会において、特に重要視される要素です。

販売戦略としての顧客化は、サブスクリプションモデルの成功において欠かせない要素です。例えば、LINE公式アカウントを活用し、消費者に対して定期的に情報を提供することで、顧客との長期的な関係を築くことができます。イベント参加者を始めとする新規顧客を、SNSやメディア掲載を通じて獲得し、それらを定期購入者へと転換させる戦略は、再来訪やリピート購入を促進します。

販売者はこのようなデジタルマーケティング戦略を駆使することで、顧客基盤を拡大し、顧客との関係を深めることができます。これにより、入口(新規顧客獲得)と出口(顧客の維持)の両方に対応することができ、持続可能なビジネスモデルを構築することが可能になります。

兼業農家のサブスクリプションモデル

兼業農家であっても、このようなモデルを取り入れることで、収益の安定化と増加を実現できる可能性があります。フェイスブック広告などのデジタルマーケティングを活用することで、年齢層や興味関心に基づいたターゲティングが可能になり、より効果的な顧客獲得が期待できます。サブスクリプションモデルは、農産物販売における新たな可能性を開く重要な戦略と言えるでしょう。

具体的な販売促進方法

千葉県で就農した場合、都市近郊型農業を展開するには、収穫した作物を近隣に定期配送する仕組みが望ましいと考えられます。この地域の特性を生かし、無農薬や減農薬野菜の安全性と鮮度をアピールすることで、消費者の信頼を獲得することができます。また、近隣の人々を農園に招いて援農活動や農業体験をしてもらうことも良い方法です。これにより、消費者との直接的な関係を築くと同時に、農産物への関心を深めることができるでしょう。

兼業で農業を行う場合には、手が回らないことも考えられますが、直送される作物の安心感をアピールすることで、この問題を部分的に解決することができます。初期段階では、ネット広告や新聞広告を利用して販売促進を行うことが効果的です。これらの広告は範囲が狭いため、費用を抑えつつ、効果を見ながら反応の高い広告に力を入れていくことが可能です。初回のお試しセットを格安で提供することや、特定の商品を無料でプレゼントすることも、新規顧客の獲得に有効な手段となります。

特に考慮すべき点は、家族構成の変化、すなわち少子化や高齢化です。これに応じた商品構成を考えることが重要で、例えば単身世帯や高齢者世帯向けに、小分けパッケージや簡易調理が可能な野菜セットを提案することが考えられます。

野菜の定期販売を行い、月額4000円で100軒の顧客を持つことができれば、40万円の収益を見込むことができます。これは定年後の仕事として非常に有望です。成功への鍵は、段階的に顧客基盤を拡大し、長期的な計画に基づいて少しずつ準備を進めていくことにあります。都市近郊型農業では、都市部の消費者のニーズに直接応えることが可能であり、地域の特性を活かしたマーケティング戦略と消費者とのコミュニケーションが成功の鍵を握っています。

新着
6次産業化を複雑に考えない
新着
マーケティング(広告)を理解する
新着
農起業+マーケティング授業