農家レストラン

農家レストランは、単に農業者がレストランをやっていることと勘違いしている人も多いが、実は法律的存在でもあるのだヨ。具体的な要件は以下に書きます。

農家レストラン定義
資格者…農業者、農地所有適格法人、6次産業化認定事業者
営業内容…行政内産農畜産物を5割以上使用した料理を提供。
施設規模…延べ床面積150平方メートル以下の平屋建である。
開設場所…農業振興地域内(農用地区域を除く)

まずここで何が大きいかというと農地においてレストランが建てられるということだ。また元々は地目変更が必要で宅地扱いになることで固定資産税が高騰するのが一般的であったところ、地目はそのままでいけることとなるようだ。

結果、レストランを建てるのに条件さえ満たせば、格安の農地に農地並み課税で実現できるということになるよね。また資格に対して、農業者であることは求められるけれども5割要件を満たせば、同業者からの購入も可能となる。

千葉において意義が高いのは、首都圏故にかなり交通量が多い優良な土地でも農地であることも多く、これまで転用が不可能であったが、農家レストランならば、開設できるということになる。この意義は、かなり大きいものと言えよう。